安南写平水指

マウスを重ねるとイメージが拡大されます。

二代久世久宝作

安南(あんなん)はベトナムで作られた陶磁器の総称です。
ベトナムはもともと中国の影響が強く早くから白磁青磁が焼かれていました。14世紀頃から染付赤絵の制作が始まり、室町末期から多くの安南が船載されました。
ベトナム胎土は良質のカオリンが産出しないため純白になりません。胎土に文様を描き灰青色をおびた透明釉がかけられているため、磁気のような透明感がなく乳濁します。よって元明の染付よりやわらかい印象となります。また絵付けがゆるいのが特徴です。
この水指は枠どりに安南らしい素朴な花鳥文様、太線の上は緩い安南らし牡丹唐草が描かれています。
絵付けは呉須というより本歌にもある焼があまくて呉須が青にならずに鉄釉の発色になったように出来上がっています。高台も安南らしく鉄釉をかけています。
この作品の作家は二代久宝です。
明治30年生まれで初代久宝の長女です。
昭和22年に2代目を襲名しました。
昭和49年に78才でお亡くなりになりました。
底に久宝の印がおされています。夏のお茶会に最適の水指です。

共箱

高11cm 口径26.5cm 胴径28cm

45,000円(税込)

※商品写真はできる限り実物の色に近づけるよう加工しておりますが、お客様のお使いのモニター設定、お部屋の照明等により実際の商品と色味が異なる場合がございます。